ブランディングを目指そう

見られたいイメージを決めよう

イメージを決めてから宣伝する

商品がどんな風に見られたいのか、前もって決めておきましょう。
女性向けの商品だったら、華やかさをアピールすれば良いでしょう。
女性らしく見せたい時には、この商品が最も良いとお客さんに思ってもらいましょう。
アピール方法を間違えると、こちらが希望したようにお客さんが感じてくれません。
商品の存在をたくさんの人に知ってもらったとしても、それではブランディング失敗になります。

イメージを先に固めないと、お客さんはこちらのイメージを理解してくれないでしょう。
商品を売り出す時は、年齢や性別をよく考えてください。
するとアピール方法も、上手く決まるはずです。
ターゲット層のお客さんに、情報が行き届くように工夫しましょう。

男性向けの商品を販売する時

新しく、男性に向けた商品を開発する時があると思います。
その場合は男らしさや、シンプルさを強調させるとブランディングに繋がります。
男性はシンプルで、かっこいいデザインを求めがちです。
派手な商品や、華やかな商品は手に取ってくれません。
特に年齢を重ねた男性は、シンプルな商品を好んでいます。
性別だけでなく年齢も考慮して見られたいイメージを決めてください。

ブランディングを開始しても、効果を発揮できなかったらイメージの決め方が間違っていると思ってください。
アピールの方法を変えてみましょう。
すると今度は上手く、ターゲット層の男性に情報が届くはずです。
ブランディングを成功させるポイントは、性別と年齢にあります。


TOPへ戻る